売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?

MENU

車のキズが査定に及ぼす影響とは!?

 

 

車を売ろうとしている人は、出来るだけ愛車の状態がよく見えるように念入りに洗車をしたり掃除機をかけたりしてピカピカにしておこうとするものですが、どんなにきれいにしてもキズは消えてくれません。残ったキズは気になってしまいますが、査定される時にキズはどんな影響を及ぼすでしょうか?

 

いくつかのポイントをあげてみると、まずはキズの深さです。軽く表面をさわってみてもし爪などにひっかかるほどであるなら減点対象になりますが、そうでもないならそれは気にするほどではありません。

 

次にキズやへこみや塗装はがれ部分の大きさですが、大きさによってマイナスポイントが変わってきます。また業者によっても査定の仕方は変わってきます。10ミリ以下くらいの小さなものであればたいして気にしなくていいでしょう。

 

しかし名刺くらいの大きさ、あるいは印刷用紙くらいの大きさかもっと大きいサイズのものになれば減額の度合いはどんどん大きくなってきます。

 

ちなみに少しでも小さなキズは隠そうとしてコンパウンドなどで念入りに磨いておきたくなるかもしれませんが、その程度で消えるキズであれば買い取り業者が自分たちで処理できるわけですから、あまりする必要はありません。

 

むしろやりすぎて塗装が不自然なムラをもってしまうかもしれませんから、「小キズは気にしないで放置」というイメージでいきましょう。

 

 

 

キズは直してから売ったほうがいいの?

 

上記のとおり、小さなキズはあまり気にせずに放置しておけば良いという話をしましたが、ではもっと目立つ大きなキズの場合はどうでしょうか?実はその場合でもいちいち修復しないほうが良い可能性があります。

 

というのは車のキズの修理というのは、経験者ならだれもが知っていると思いますがけっこう高くつくからです。へこみや塗装のはげなどを板金で直してもらうと何万円もかかってしまうことがあります。そして修復したところで、その分の査定額が必ずしも大幅に上がるわけでもありません。

 

例えば板金に7万円かけて何かのキズを修復したとしましょう。もしその修復をした結果、修復しないで査定されたら10万円減額されていたのであれば、結果的に3万円をセーブしたことになります。

 

でも実際にこういう風になるかというと怪しいです。というのは覆うの場合車の買い取り業者は自分たちの整備工場を持っていたり、あるいは提携工場に修理依頼できるので、とても安価にそれらのキズを修復できてしまうからです。

 

一方売り手が自分で板金工場などでやってもらう場合はもっと高い金額になってしまうかもしれません。ですから大枚をはたいて修復したところで、業者の前で「えばれない」わけです。

 

向こうからすれば、どのみち少ないコストで直せるキズを修復してもらったところで査定額大幅アップする気にはならないでしょう。ですから必死になってキズを高い修理費をかけて直さなくても大丈夫です。

 

 

 

キズについて隠ぺいするとどうなる?

 

 

車のキズの中には、すぐにそれと分かるようなものもありますが、中には分かりにくいキズもあるかもしれません。プロの査定士といえども気づかずに見逃してしまう可能性も考えられます。

 

ではもし売り手がそのキズについて知っているのに、査定士が気づかないのをいいことに正直に申告しないとしたらどうなるでしょうか?

 

「キズについて話せば査定額がダウンしてしまうかもしれないので隠しておこう・・」という気持ちになるかもしれません。でも知っている修復歴やキズについては隠さずに話しておくことは大事ですし、自分のためにもなります。

 

なぜなら売り手には「瑕疵担保責任」というものがあるからです。

 

もし事故車であることや大きなキズがあることを申告しないでいて、後になって買い取り業者が念入りに調べた結果それらを発見した場合、買い手は売り手に損害賠償を要求したり、契約を解除したりすることができるようになっています。

 

この瑕疵担保責任が発生すれば業者は買い取り額を減額したり、契約キャンセルにしてくる可能性もありえます。ですから事故歴や大きなキズを隠ぺいすることはやめましょう。小さなキズなどは別にすべてを細かく申告する必要はありません。

 

 

 

キズなどについて正直に申告しているなら、減額を恐れる必要なし!

 

もし事故歴などを正直に話したにも関わらず、後になってキズの大きさなどに触れて減額要求したらどうでしょうか?その場合は気にする必要はありません。申告にかかわらずちゃんと査定時にチェックできなかったのは業者側の過失となります。減額に応じる必要はありません。

 

またもし今のっている車が中古で購入したものであれば、前オーナーの時の車の状況はつかむことはできません。もしかしたら自分でも知らないキズや事故情報があるかもしれません。

 

そういう場合は情報を知りえないので、よっぽど車の機能に著しい障害を及ぼすような、誰でも気づくような状態があったわけでもない限り、そのことで瑕疵担保責任が発生して減額に応じる必要はないでしょう。

 

もしこの手のトラブルで迷ったら、国民生活センターなどに相談するのも良いです。

 

売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
車を売る方法にはどんなものがある!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売る方法にはどんなものがあるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ローンの残債があっても売却は可能なのでしょうか
車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。実車査定というものを申し込むことができます。では、実車査定とはどのようなものなのでしょうか
車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売って引き渡すまでの流れとはどのようなものなのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか
車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に保険関連の手続きはどうすればいいのでしょうか