車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?

MENU

車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?

ローンの残債があっても売却は可能

 

 

車を一括で購入する事ができない場合、車をローンで購入する事になります。ローンでの車購入は一般的で、多くの人がそれを利用しています。そこでよく出る話題が「ローンの残っている車を売れるかどうか」という点です。結論から言うとそれは可能です。

 

全ての業者がそうしてくれるかは別ですが、きちんとローンを処理したうえで買い取ってくれる業者は存在します。全ての人がポンと万札を出して車が買えるわけではありません。ローンの利用者は多いのです。

 

ですからそれを考えると、ローンのある車の買い取りを狙う買い取り業者がいるのは当然のことと言えるでしょう。

 

 

 

ローンの残債はどうやって処理されるの?

 

では払わないといけない残債がある車はどのように買い取り業者によって処理されるんでしょうか?その点について触れる前に、簡単にローンに関する補足説明をします。

 

よく車のローンのタイプとして使われるのは、ディーラーが用意するローンです。そして通常ローンを払っている間は、車の所有者はそのディーラーかどこかのローンの会社になっています。これは車検証に記載されているので分かりますが、所有権は自分ではないのです。

 

仮にローンが払えなくなった場合、その車は取り上げられてしまいます。このようにディーラー提供のローンの場合、持っている車は担保として機能することになります。もしその車の所有権を自分のものにしたいのであれば、ローンを完済する必要があります。自分のものではない車を勝手に売ってしまう事はできないので注意しましょう。

 

しかしそうなると手続きが煩雑になってしまいそうで足踏みする人も出てくるでしょうが、実は自分で完済&所有権書き換えの手続きをしなくても車の売却ができるのが一般的なんです。

 

なぜなら買い取り業者はよくローンの残債整理代行サービスをしてくれるからです。どういうことかと言うと、車の買い取り業者はまず、実車査定をして車の値段を決めます。そして残っているローンと車の売却額(査定額)とを計算します。

 

ここでもし売却金額がローンの残債より多いのであれば何も問題ありません。余った部分を受け取るだけです。

 

一方もしローン残債が売却額より多ければ、その不足分を業者がとりあえず立て替えてくれることになります。つまり車の所有者になっているディーラーやローン会社に代わりに残債を払ってくれるということです。

 

これによってその車の所有権をディーラーなどから買い取り業者に移すことができます。そして車の売り手は不足していた分を買い取り業者にローンを組んで払っていくことができます。

 

あるいはもし別の車に買い替えるという場合には、新しく買う車のローンに不足分のお金を上乗せしてしまうという、いわゆる「上乗せローン」にして支払っていくと言う方法もあります。

 

いずれにしても残債整理代行サービスの手続きは無料でやってもらえることもあるので、気軽に手軽に活用する事が出来ます。「ガリバー」や「カーチス」「アップル」などの大手がこのサービスに対応しています。

 

 

ローンの残債処理を少しでも有利にするためには?

 

当たり前な話ですが、もし残債整理代行サービスを依頼するのなら、残債ができるだけ車の売却金額によって相殺されるようにすることが大事です。

 

例えば車の残債が50万円あるのなら、売却額が50万円以上になれば残債はゼロか、むしろ余剰が出てお金が手に入ります。もし売却額が下回るとしても、出来るだけ50万円に近づけられればOKです。

 

ではどうしたら残債額に対して売却額を上回せるか、あるいは近づけるか出来るでしょうか?車の絶対的な価値をあげるのにはもちろん限界があります。でも自分なりに工夫してできることはいろいろとあります。

 

例えば車の査定を複数の業者にしてもらうということです。「ズバット車買い取り比較」や「カーセンサー」などの一括査定依頼サイトを使ってたくさんの業者に見積もりしてもらうことで、売りたい車を少しでも高く買ってくれる業者を見つけやすくなります。

 

複数査定依頼によって50万円以上の査定額の差が出たというケースもあるので、これは可能なら使うべき方法です。場合によっては同じ日時に業者を読んで見積もり競争をさせるなど、少し勇気が必要ですが、効果的な方法をとることもできます。

 

「一番高い値をつけてくれる業者に即決する。引き渡しは何日以内に可能で、税金などの還付は査定額に込みで」というように、条件をあらかじめ伝えておいて、約束の日時で一気に決めてしまうという方法です。

 

業者にしてみたら競争の力が働くので、小賢しいセールストークを弄する余裕などなくなるでしょう。また即決してもらえるわけですから、ある意味業者にとっても時短にもなって都合がいいとも言えます。ある程度欲しい車であるのならパッと契約にすすめるので楽なわけです。

 

こうした方法によって少しでも売却額をあげて、ローンの残債を相殺するように意識してみましょう。

 

車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
車を売る方法にはどんなものがある!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売る方法にはどんなものがあるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。実車査定というものを申し込むことができます。では、実車査定とはどのようなものなのでしょうか
売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。売ろうと思った車にキズがある場合はどうしたらいいのでしょうか
車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売って引き渡すまでの流れとはどのようなものなのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか
車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に保険関連の手続きはどうすればいいのでしょうか