車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?

MENU

車と保険との関係

 

 

最近の車はコンピューター制御が進んでいるおかげでかなりハイテクな機械になってきました。またただの輸送手段だった昔と違い、いかに居住性を高めるかということにメーカーも研究を重ねています。

 

カーナビやカーオーディオサービス、ディスプレイ機器の設置など、もはや車は単なる交通手段ではなく、そこにいるだけでくつろぎや高揚感を感じさせる空間を演出する道具にもなってきています。

 

しかしいくら車内空間を快適にしたところで、走っている車が凶器になる可能性があることに変わりはありません。ちょっとしたハンドル操作で誰かの命や健康を一瞬で奪う事になりかねないのです。

 

そしてそういう事故の賠償に備えて絶対に加入しなければならないのが自動車保険です。自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」とがあります。前者は法律によって加入が定められている強制保険で、入らないと罰せられます。場合によっては懲役という厳罰もあるほどです。

 

こちらは車を運転する人の誰もが入るべきものですが、その補償範囲や補償額は最低限の内容になっています。補償されるのは事故を負わせた相手の身体的ダメージや脂肪に関するものなので、相手型車両の損害やその他の物損に関しては補償はありません。

 

自賠責保険だけでは補償が不十分ということも少なくないでしょう。というわけで多くの人が加入するのが「任意保険」です。任意保険では通常、タイ人だけでなく対物、搭乗者傷害、自損事故補償などをつけることができ、トータルな内容の補償をしてくれます。

 

しかも補償額も自賠責以上に充実されることができます。というわけで自賠責保険は法律として強制的に加入、そしてもの足りない補償範囲や額を補完するために任意保険にも入っておくというのが基本のセオリーと言えるでしょう。

 

これによって相手への賠償や自分の被害の埋め合わせを可能にできます。では車を売却する時に保険関係の書類は必要になるでしょうか?

 

 

 

車を売却する時に必要になる保険関連の書類

 

車と保険の関連性を復習したところで、今度は車を売りたい時に必要となる保険の書類について触れたいと思います。

 

車を売る時は車検証や自動車税納税証明書など以外に、自賠責保険証が必要になります。もし紛失している場合は、そのまま運転を続けると法律違反で罰金になることもありますし、売却に支障が出てしまいます。その場合は再発行の手続きが必要になります。

 

加入している保険会社に連絡を取ったり、どの保険会社か分からなければ車の購入先に尋ねることができます。印鑑や身分を証明するものを持参していけば再発行を無料でしてくるところが多いので心配はありません。

 

ただし再発行に時間がかかる場合があるので、車の売却を考えている人は所持している書類の確認をできるだけ早めに済ませておく必要があります。

 

 

 

車を売ると自賠責保険料はどうなる?

 

 

では次に、一括して払っている自賠責保険料は、もし年度途中で車を売却した場合に戻ってくるかについて見てみましょう。結論から言うと、リサイクル料金や自動車税のように自賠責の保険料が還付されることはありません。

 

自賠責保険は車検証のように車そのものにくっついてくる類の書類です。ですから車の売却時に車両と切り離して考えることはできません。ただそれは裏を返せば、自分が誰かの売った中古車を購入する時に(車検が残っている車の場合)、その人がかつて払った自賠責保険をそのまま引き継げる形になるということです。

 

その車の購入時に自賠責保険料を新たに支払う必要はないのです。ですから自賠責保険料が還付されないからといって尖がる必要はありません。

 

 

 

任意保険の手続きはどうしたらいい?

 

では車を売却する時の任意保険の扱いはどうすればよいでしょうか?任意保険は保険会社が契約者自身に対して結ぶものです。ですから車を売って別の車に買い替える場合は、新しく買ったほうの車の所有権が確保された時に保険会社に連絡すればOKです。

 

それで保険対象の車が売った車から買った車に移動となります。しかしもし仮に車の売却から次の車の購入まである程度タイムラグが発生すると言う場合は、任意保険を一時休止状態にすると良いでしょう。

 

もし期間が空くという理由で解約してしまうと、せっかくためてきた等級がだいなしになってしまうことがあります。そうするとまた高い保険料を払い始める必要が出てきますので損です。ですから解約ではなく休止扱いにしましょう。休止扱いでも保険料の支払いは停止するので心配はありません。

 

ちなみに特に新しく車を手に入れるつもりもないのであれば、途中解約することもあるでしょう。その場合はある程度返金を期待できます。
 
月割計算をきちんとされるわけではありませんが、仮に半年ほど契約満了までに日を残したとしても2,30%しか返ってこない場合があります。

 

車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
車を売る方法にはどんなものがある!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売る方法にはどんなものがあるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ローンの残債があっても売却は可能なのでしょうか
車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。実車査定というものを申し込むことができます。では、実車査定とはどのようなものなのでしょうか
売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。売ろうと思った車にキズがある場合はどうしたらいいのでしょうか
車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売って引き渡すまでの流れとはどのようなものなのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか