車を売る方法にはどんなものがある!?

MENU

「下取り」という方法

 

 

車を売る方法はいろいろとありますが、この記事では基本的な3つの方法を取り上げてみたいと思います。まずは「下取り」です。

 

よくディーラーなどで車を新規購入するプロセスでこういう言葉を聞くかもしれませんが、下取りとは別の車を購入するにあたって、今のっている車を引き取ってもらい(下取る)、下取り車につく値段を新しく買う車から値引くという方法です。

 

例えばシンプルな例で言うと、新車を100万円で購入するとして、今のっている車を20万円で引き取ってもらい、その分を100万円から値引きして最終的に80万円で決済すると言う事です。

 

この方法のメリットは、なんといっても車の購入と売却が一度にすみ、手続きも販売店がいろいろやってくれるので楽ということでしょう。また購入する車の受け取りと同時に売りたい車の引き渡しが行えるので、代車の心配などをしなくていいというメリットもあります。

 

車での移動が基本的な地域においてはこれは大きなポイントになるはずです。他にも、値引きが難しい車の販売実績をのばすために、業者は下取り価格を少し盛ることによって実質値引きと言う形で車を引き取ってくれます。

 

場合によってはオートオークションであまり人気の出ない車も、赤字覚悟くらいの勢いで引きとってくれる場合も少なくありません。もしあまり時間がない、面倒なことはとにかく避けたい、というのであれば下取りを選ぶと言う方法があります。

 

 

 

「買い取り」という方法

 

別の方法は「ガリバー」とか「アップル」「カーチス」などで有名な車買い取り業者に買い取ってもらうという方法です。新車との価格相殺のためとかではなく、とにかく車を売る方法です。

 

買い取りのメリットはまず、下取りよりも一般的に車を高く売れることです。廃車と見込まれるような車や事故車、商用車などもそれなりの価値がついて売れることも少なくありません。また純正パーツではなく社外品パーツも高い値段をつけて査定してくれるのもメリットです。

 

「楽天オート」という楽天グループの一括査定サービスサイトの調査によると、下取りと買い取りの平均的な差額は約15万円にもなりました。この調査では5,000件以上もの車の売却状況を参考に平均売却額を割り出していて、これによると買い取りの場合は約87万円、下取りの場合は約72万円となりました。実に差額15万円です。

 

すべての車にこうした差が出るわけではありませんが、これだけの件数の調査で出た平均値なのでそうなる可能性は高いです。むしろ平均値を大きく上回ることも十分ありえます。ですからとにかく1円でも高く売りたい人は下取りよりも買い取りを選ぶ方がお得になることを覚えておくとよいでしょう。

 

 

買い取りに関してもう少し付け加えると、最近では上記の楽天オートや、「カービュー」「カーセンサー」「ズバット車買い取り比較」といったサイトで、車査定の一括申し込みができるようになっています。

 

数百万人という大勢の人が使っていて、これによってたくさんの買い取り会社に一斉に査定依頼ができるのです。

 

どうして複数の業者に頼むのがいいかと言うと、そのほうが自分の車に高値をつけてくれる業者にめぐり合いやすいからです。これらのサイトには100〜200社というたくさんの買い取り業者が参加していますが、これら全ての買い取り業者は同じ車を同じ価格で買い取って同じ価格で販売しているわけではありません。

 

それぞれ違いがあります。また販路に関しても独自のものを持っています。欲しい車も違います。在庫状況も違います。査定士にも違いがあるでしょう。いずれにしても各社取引状況が違うというのがポイントです。

 

もしTOYOTA系の車を買いたい業者にNISSANの車を見積もりに出したらどうでしょうか?たいした価格はつけてもらえない可能性があります。一方TOYOTAのものを査定してもらえれば値が出やすいと言えます。

 

ですからいろいろな業者に見てもらう事で少しでも高く車を売ることにつながるのです。ある一括査定依頼サイトによれば、実に65万円の査定額の差が出たケースもあります。

 

買い取りするのならこうしたサイトを活用しましょう。

 

 

 

「個人売買」も人気が出ている

 

下取りや買い取り以外にも、個人売買で車を高く売る方法があります。中古車市場において約10%の中古車がこの方法で売買されていると言われていて、まだまだ主流の方法とは言えませんが、メリットがあります。個人売買ですから買い取り業者を介しません。

 

ですから売り手としてはわりと高めに売ることができ、買い手は安く購入できる可能性があります。間に仲介業者がいるということは中間マージンが発生すると言う事ですが、それがなければ双方にとってメリットがあるのです。

 

しかも消費税も発生しません。欲しい車を見つけやすいというポイントもあります。しかしデメリットもあります。個人間の取引なので、不慣れがゆえの手間や面倒がかかる場合があります。

 

また信頼性に関しても多少微妙なところがありますし、車両の受け渡しやお金の振込に関してもコミュニケーションがうまくいかないこともありえます。

 

書類を交わすとしても、あとあとトラブルが起きる可能性はプロよりも高いでしょうから、こうしたデメリットとメリットを天秤にかけたうえで個人売買をするかどうかを選択しましょう。

 

車を売る方法にはどんなものがある!?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ローンの残債があっても売却は可能なのでしょうか
車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。実車査定というものを申し込むことができます。では、実車査定とはどのようなものなのでしょうか
売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。売ろうと思った車にキズがある場合はどうしたらいいのでしょうか
車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売って引き渡すまでの流れとはどのようなものなのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか
車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に保険関連の手続きはどうすればいいのでしょうか