車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?

MENU

車の売却は慎重に!

 

 

長く乗ってきた愛車をついに売りに出すにしても、気分転換に車を買い替えるにしても、今のっている車ができるだけたい値段で売れてくれたらうれしいものです。

 

でも車の売却は何も考えずに適当に行うと以外に落とし穴にハマってしまうこともあるので基本的な注意事項をおさえておくことが重要です。

 

本当は価値があるのに買いたたかれるような状況になったり、引き渡しのタイミングを間違えるとことでリスクが高くなったりしかねません。ですから以下に車の査定から引き渡しにいたるまでのおおまかなプロセスをまとめてみたいと思います。

 

 

 

まずは査定依頼

 

車の売却はなんといってもまず査定から始まります。どこで査定をするかという話ですが、ここがけっこう重要なポイントになります。手間を避けてとにかく楽に売ろうとするあまり、近所の買い取り業者に適当に売りに出す人はすくなくないと思いますが、これは避けましょう。

 

なぜなら損をする可能性があるからです。もちろん実際にはこちらが支払うわけではないので損ではないですが、実質的な損といえます。どういうことかと言うと、その最寄りの買い取り業者よりもずっと高く買ってくれる業者が他に存在するかもしれないと言う事です。

 

中古車業者といえば「アップル」「ガリバー」「T-UP」「カーセブン」などがパッと頭に浮かぶと思いますが、これらの買い取り業者のニーズには違いがあります。

 

欲しい車もあれば、別にいらない車もあるわけです。独自の販売網を持っている業者であれば、手に入れたい車もあれば、在庫が十分にあって現時点では特にいらない車というのもあることでしょう。

 

もしその業者にとってのニーズがない車を売ろうとしているなら、当然高値にはならないでしょう。ですからそのニーズを抱えている業者を探す必要があります。でもそれを探すのは簡単ではないので、そんな時はオンラインで一括査定依頼ができるサイトを活用すると良いでしょう。

 

まとめて複数の業者に査定依頼をすれば、まずオンラインでおおまかな査定額を出してくれるところがあるので、それを利用して高値をつけてくれそうな業者を少ししぼってみるのも手です。

 

もちろんオンラインで提示される査定額はだいたいの相場であり、売りたい車の査定額とは別です。仮に人気のある車を売りに出したとしても、もしその車に大きな修復歴があったり、あるいは目立つダメージがあれば査定額はあがらないでしょう。ですから具体的な査定額は実車査定がカギになります。

 

 

 

実車査定は万全の態勢でのぞもう

 

 

実車査定は、実際にプロの査定士が車の状態を確認して値段をつけるための作業です。ここで車の個体の価値が決まってくるわけですが、ここで何もしないでボーとしているのはもったいないです。

 

査定をしてもらう時に、査定士の人に「営業トーク」をするなどしてアピールすることで査定額がアップすることがあります。

 

その車をよく手入れしてきたことや無理な運転をせず大切に乗ってきたことを伝えたり、高速道路などを中心に乗っていたのであればそれによる程度の良さを強調する事、他の業者での査定額を言うなどして競合させることなどができます。

 

 

 

売買契約にサイン

 

もし買い取り業者の言い値が満足のゆく値段であるならば、次に契約に入ります。契約した後はキャンセルは歓迎されませんし、キャンセル料が発生する可能性もあるので、慎重に検討してから契約するように注意しましょう。

 

また契約書に書かれている細かい点も含めてよく内容を読んでおくことでトラブル防止になるので、面倒くさいとしても念入りにチェックしましょう。

 

 

 

愛車や書類の引き渡しで気をつけるべき事とは?

 

車の売買の条件に双方が合意したら契約になるわけですが、車や書類の引き渡しと、売却代金の振込に関して注意点があるのであげておきます。よく買い取り業者は車や書類を持って行って、後になって振込をすることがあります。でももしそれをしてしまったら一方的にこちらがリスキーです。

 

ですから交渉して代金をちゃんと振り込んでもらってから車や書類を渡すという運びにするのがベストです。

 

もちろん買い取り業者ごとにシステムが違うので、なかなか交渉がうまくいかないこともあるでしょう。場合によってはいくつかのものを引き渡しを先にするということもありえます。

 

ただいずれにしても必ずこちらの権利をキープするための書類を手元においておくようにしましょう。具体的に言うと、名義変更をするのに必要となる「印鑑証明」や「譲渡証明書」などです。これらの書類を売却代金の振込までは少なくとも引き渡さないでおくことでリスクを下げることができます。

 

ではもし仮にそれも出来ず、すべてのものを引き渡さないといけない場合はどうでしょうか?そういうケースでも出来ることはあります。それは売却代金の振込の期日をちゃんと書面にしておくことです。

 

書類は口約束よりも正当性がはっきりするので、こういう手段を取ることで、スムーズで安心感のある売却を進めることができます。

 

車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
車を売る方法にはどんなものがある!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売る方法にはどんなものがあるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ローンの残債があっても売却は可能なのでしょうか
車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。実車査定というものを申し込むことができます。では、実車査定とはどのようなものなのでしょうか
売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。売ろうと思った車にキズがある場合はどうしたらいいのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか
車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に保険関連の手続きはどうすればいいのでしょうか