車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?

MENU

下取りにするか?買い取りにするか?

 

 

今のっている車にどれくらいの値段がつくか、次の車を買いたいと思っている人はその点が気になるはずですが、車の売却など一般人にはあまり頻繁にある事ではありません。ですから思ったよりもずっと低い価格しかつかないとしても「まぁそんなものだろう」と思ってしまうかも知れません。

 

ですからあまり売却先のことは考えず、ディーラーで新車を買ってもらう代わりに引きとってもらえれば、くれいの感覚の人も少なくないでしょう。乗っている車が少し古くなっていれば余計にそうです。

 

でも売却する時に少し手間をかけてあげることで得られるものも多くなりますから、売却のコツを少しだけ紹介してみたいと思います。

 

まず車を売る相手ですが、ディーラーなどで下取ってもらうか、あるいは車買い取り業者で買い取ってもらうかによって差が出てきます。車それぞれの状況が違うので一概には言えませんが、基本的に買い取りのほうが下取りよりも高い査定額が出ると言われています

 

これはよく言われるように、ディーラーなどは基本車の販売がメインで、買い取り業者ほど買い取りに力を入れていないからです。すべて詳しくは説明できませんが、買い取り業者は買った車をすぐにさばくための独自の販路というのが確立されています。

 

在庫をできるだけ少なくして効率的に売れるようにしているのです。一方ディーラーなどはもっと在庫を抱えてしまうリスクがあります。下取りは新車販売のための付属的サービスの位置づけというところでしょう。ですからあまり査定額が見込めないのです。

 

もし売ろうとしている車がかなり古くて買い取りでも値がつかない場合、かつディーラーが新車を売るために下取りによって実質値引きをする場合、下取りのほうがある意味値段が付けられることもありえます。

 

しかし今は古い車でも海外で需要があったり、あるいはパーツどりにまわされたりするわけで、どの車にどれだけの値段がつくのか把握しきることはできません。平均的には買い取りしてもらうほうが良い結果が出ているので、両方のパターンを考えてみても良いでしょう。

 

 

 

事前に車の売却相場を調べる

 

平均的に買い取り業者に売るほうがお得という話をしましたので、この前提で話を進めていきたいと思いますが、車の実車査定の前にあらかじめだいたい自分の車種にどれくらいの値段がつけられているのか、それをチェックしておくことも一つのコツです。

 

車種は同じでも個体差があるのは事実ですが、もし極端に程度が悪いのでなければ、同じ年式、グレード、カラーでの売却相場を見ておけば参考情報にはなるでしょう。

 

「車」「売却」「相場」といったワードで検索すれば自分の車と似通った車両の売れ行きをおおまかに把握できるので、それをつかんで実車査定にのぞむと良いです。

 

 

 

キズは直してから見てもらうといい?

 

 

これについては多くの人が疑問に思う点でしょう。細かな小キズであればコンパウンドかなにかで磨いておいてキレイにしたいでしょうが、結論から言うとキズは放置しておいてかまわないでしょう。というのは細かなキズなどは業者だった簡単に直せるほどのものです。

 

コンパウンドで消えるくらいなら彼らプロにとってはたやすいものです。また目立つキズに関しても、それを修復したからといって、その修理費を大きく上回る程の査定額アップにつながらない可能性がわりと高いです。

 

買い取り業者はプロですから、自社の整備工場がどこかの整備工場と提携をしているのがふつうです。その場合修復費はわずかで済むでしょう。ですから「修復してくれたので10万円は軽くアップします!」といったポイントアップはあまり期待できません。

 

ですからキズはあまり気にしないでよさそうです。

 

 

 

複数の業者に依頼をしておく

 

査定額アップを簡単にできる別のコツは、1つの業者ではなくたくさんの業者に見積もってもらう事です。少し面倒かもしれませんが、これをすることで数10万円も料金が変わることはよくある話です。詳しくは取り上げませんが、業者ごとに欲しい車は違います。ですから自分の車がたいして魅力のないものであれば高い値段はつけてくれないでしょう。

 

一方その車をちょうどオーダーが入ってて探していたとか、在庫が切れそうになっているということであればそれなりに色をつけた査定額を期待できます。ですからできれば5〜10社査定にかけるのは良い手です。

 

業者からの連絡がうるさい、という声もありますが、別に一生続くわけではないですし、売り手は自分で自分に決定権があるわけですからドンとかまえていれば良いでしょう。

 

また複数業者は同じ時間帯に呼んでまとめて一斉査定をしてもらうことで、オークションのように値をつりあげるという方法もあります。競争が起こればふつう値はあがりますし、業者との長々とした交渉を避けることでプレッシャーを感じにくいと言えます。

 

全ての業者が一斉査定に応じるわけではありませんが、業者はたくさんいるので、これも一度考えてみるといいコツです。

 

車の実車査定を申し込みたいけど、なにかコツはある?

関連ページ

車の売却は初めてだけど、どんな流れになるの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では初めて車の売却をする場合どんな流れになるのでしょうか
車を売る方法にはどんなものがある!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売る方法にはどんなものがあるのでしょうか
中古車の査定ってどうすればいいの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車の査定ってどのようにしたらいいのでしょうか
車売りたいけど、売却先はどうやって決めたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売りたい時売却先はどうやって決めたらいいのでしょうか
車を売ろうと思うけど、用意しなきゃいけない書類って何?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売るには用意しなきゃいけない書類はどのようなものがあるのでしょうか
車のローンがあるけど売却したい・・これって可能?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ローンの残債があっても売却は可能なのでしょうか
売ろうと思った車にキズがある・・どうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。売ろうと思った車にキズがある場合はどうしたらいいのでしょうか
車を売って引き渡すまでの流れってどんな感じなの?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売って引き渡すまでの流れとはどのようなものなのでしょうか
車の個人売買ってどうすればできる?リスクはある?
中古車を一括査定するのが良いのはなぜ?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。中古車を一括査定するのはなぜいいのでしょうか
車を売却する時は保険関連の手続きはどうすればいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に保険関連の手続きはどうすればいいのでしょうか