その車、廃車するのはまだ早い!?

MENU

古くてもまだまだ価値がある!?

 

 

車を処分しようと思う理由はいろいろあると思います。事故を起こしたとか、もう乗らなくなるとか、車検が切れているし古いのでもういらないなどの理由がよくあるでしょうが、すぐに廃車にしてもらうのではなく、別の方法を取ることを考えるのは良い事です。

 

気になるその別の方法とはずばり、「車買い取り業者に買い取り依頼をすること」です。「こんな車はもう価値がないだろう」と思うかもしれませんが、廃車だと思っていた車を多少でも価値をつけて買い取ってくれるケースはあります。

 

ですからすぐに廃車手続きをしてしまわずに、まずは査定依頼を考えてみると良いでしょう。無料で一括の査定をしてくれるサービスはたくさんあります。

 

少しだけあげてみると「ズバット車買い取り比較」「カーセンサー」「カービュー」「かんたん車査定ガイド」「楽天オート」「カーネクスト」など様々です。一気に多くの業者に依頼をすることで、その車にそこそこの値段をつけて引きとってくれる業者を見つけやすくなるので便利です。

 

もちろん程度によっては本当に価値がない場合もあるでしょう。でも最近はグローバル社会で、中古車の輸出も盛んな時代です。廃車するような車でも、海外では現役バリバリで働けるということも多いです。

 

例えば中米の国でもかなり古い日本車がふつうに街中をさっそうと走っているということがあります。窓ガラスがなく、バンパーもがたがたの様な状態でも走っていたります。ですから多少古いなどの理由で手放すのはもったいないということです。

 

また海外でパーツ取りや金属売買の需要があって買い取ってくれる可能性があります。車両全体としてはダメだとしても、マフラーやバンパーなどの状態がそこそこ良ければそれだけ売買されるということもあります。

 

ですから自分で勝手に廃車判断をしてしまわずに、まずは無料で査定を依頼してみた方がお得です。少しの手間をかけるだけでけっこうな臨時収入になるかもしれません。

 

 

廃車にする場合、どんなプロセスになるの?

 

「しかし買い取りに出すのはどうしても面倒」といった理由で業者に買い取り依頼をしない場合は、廃車手続きとなります。といっても詳しく言うと、車の処分方法には種類があります。「一時抹消登録」と「永久抹消登録」です。

 

まず前者ですが、こちらは現時点でその車に乗ることはないとしても、「もしかしたら将来的に再び乗ることがあるかもしれない」という時に便利な手続きです。陸運局や軽自動車協会で申請ができます。

 

これをすると、自動車税の還付を受けることもできます。ここでは詳述しませんが、自動車税は毎年まとめて払うものなので、月割計算をして残っている月の分が返還されるというわけです。

 

一方後者の「永久抹消」のほうですが、こちらを行うともはやその車をお終いです。スクラップされて永久に使用できなくなってしまいます。ですから永久抹消を選択するか「一時抹消」を選択するかは慎重に考えましょう。

 

もし車が完全に動かなくなっているとかでなければ、今は乗ることはないと思っていても、後になって自分か他の誰かが乗るような状況が出てくるかもしれません。そういう場合はとりあえず一時抹消の登録をしておくのも手です。ちなみに永久的に抹消した場合も自動車税の還付があります。

 

 

 

廃車手続きはどんなふうにするの?

 

まず「一時抹消登録」のほうですが、普通自動車と軽自動車で少し異なります。

普通自動車であれば、車検証とナンバープレート2枚と、印鑑証明などが必要です。
軽自動車の場合は車検証とナンバープレート2枚と、車検証記載の所有者の認印などです。
手続きする場所は、普通自動車が陸運局、軽自動車の場合は軽自動車協会になります。

 

続いて「永久抹消登録」の手続きですが、こちらも普通自動車は陸運局、軽自動車は軽自動車協会での手続きになります。

 

こうした手続きは自分で行うことももちろん可能ですがけっこう煩雑なプロセスに感じることもあるでしょう。ですから車の引き取り業者に代行してやってもらうことが事がスムーズに運ぶでしょう。

 

ちなみに廃車手続きにいくらかかるかという点ですが、これは状況によって異なるので一概には言えません。ただおおまかに言うと、もし廃車手続きを業者などに依頼するのなら数千円から1万円ほどかかり、車を解体する業者に引き取り依頼をするなら約1万くらいと言われています。

 

またリサイクル料金は軽自動車か普通自動車か外車か大型車かなど車の種類によって異なり、6,000〜18,000円くらいといった幅があります。リサイクル料金がすでに支払われている車ならここで料金は発生しません。

 

ちなみに解体するのなら、車を鉄くずの買い取り対象としてその分の代金を数千円から数万円もらえることもあるので、場合によっては廃車によってお金がもらえる可能性もあります。

 

しかしいずれにしても、まずは早急に廃車決定をせずに、可能な限り見積もり依頼を買い取り業者にするとお得になる場合がある、ということを覚えておきましょう。

 

ちょっとしたお小遣い稼ぎのように考えるなら、気軽に手続きを進められるでしょう。

 

その車、廃車するのはまだ早い!?

関連ページ

車を売りたいけど、得する方法を教えて!
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では車を売りたい時に得する方法があるのでしょうか
車の車検状況って売却に影響する?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車検はその査定額にどのくらい影響がでるものなのでしょうか
車買い取りに関するおすすめ情報を教えて!
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車買い取りに関するおすすめ情報について紹介していきます
車を売却する時に還付されるお金があるってほんとう?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売却する時に還付されるお金があります。それはどのようなものなのでしょうか
車を売りたいけど、おさえておくべきことはある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売る際におさえておくべきことはあるのでしょうか
TOYOTA車を高く売るにはどうしたいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。それではTOYOTA車を高く売るにはどうしたいい?
日産車の中古車を高く売るにはどうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。日産車の中古車を高く売るにはどうしたらいいのでしょうか
車を売りたいけど、キャンペーンをやっている業者ってある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。車を売る際にキャンペーンをやっている業者はあるのでしょうか