車の売却にも確定申告は必要なの!?

MENU

「確定申告」とは?

 

 

「今のっている車を売って現金にしたい」という人は少なくないと思いますが、車の売却をすると「確定申告」という税金上の手続きをしなければならないことがあります。というわけでまず「確定申告とは何ぞや?」という点を簡単におさらいしてみたいと思います。

 

字だけ見るとなんだか難しそうですが、確定申告とは要は、「これだけの収入がありました。これをもとに税金の計算をしてください」という、国に対する申告をすることです。

 

会社で働いているサラリーマンであれば会社がひととおりの税金計算をやってくれるので問題ありませんが、もし自営業を営んでいたり副業をしているのであれば自分で所得を申告する必要があります。

 

車の売却でも確定申告は必要!?

 

さて確定申告について簡単におさらいしたところで、これと車の売却の関係について考えてみましょう。車を売却するとお金をもらえます。これはある意味収入になります。ではこの車の売却代金という収入は確定申告の対象になるんでしょうか?

 

結論から言うと、なる場合とならない場合とがあります。所得ないし収入にはいろいろなタイプがあります。給与でもらう給与所得や事業所得、また不動産や動産を売って出た利益は「譲渡所得」としてカウントされます。

 

そしてこれらの譲渡所得は確定申告の対象になります。しかしながら普通の生活をするのに必要なものをオークションやセカンドハンドの店で売るたびにいちいち計算などしていられません。

 

ですから通常は生活に必要とされる物品の売却には所得税はかからないことになっていて、確定申告の対象として考えなくてよいのです。

 

では車は生活に必要なものとして認められるかどうかですが、国税庁の定める要綱によれば対象となる車として「通勤用の車」という項目が見当たります。ということは通勤用はOK、それ以外の用途の車ならNGで課税対象になるということです。

 

といってももし譲渡所得が一定の金額に達していなければ課税対象になりません。ではもし通勤用の車がとても高価な車であるとしたらどうでしょうか?

 

希少価値の高い車やスポーツカーの場合、課税対象とされることがあります。仮に通勤に使っていたとしても、通勤用とは割り切りにくいような高級車であれば、ぜいたく品とみなされて対象になることもあるのです。

 

しかしこのあたりの判定ラインはグレーなところがあり、個人では判断しにくい所があります。ですからもし不安になったりはっきりさせたいのであれば最寄りの税務署などを訪ねてみると良いでしょう。

 

譲渡所得の計算方法

 

 

上で「譲渡所得が一定の金額に達していなければ課税対象にならない」と書きましたが、この点についてもう少し具体的にみてみましょう。

 

国税庁によれば、譲渡所得は次の計算式で算出できます。
「譲渡価額−(取得費+譲渡費用)−50万円」です。
この中で「取得費」とは「購入代金」から減価償却費などを引いた額です。

 

またその「購入代金」とは購入手数料などが含まれます。「譲渡費用」とは車の売却にかかった費用のことです。これらを計算してさらに特別控除50万円を引いたものが譲渡所得となります。ちなみにこの特別控除の額ですが、「長期譲渡所得」と「短期譲渡所得」の合計金額に対して50万円となります。

 

こうしてみると非常にややこしい計算になるのが分かりますが、誤解を恐れずにざっくりまとめると、もし車を買った額よりも売った額の大きければ確定申告をする、ということです。

 

正直言ってこのあたりの税金計算は面倒なので、もし内情を知りたいのであればやはり税務署に相談するなどしてもよいでしょう。ですがほとんどの人の場合、車をしばらく乗って何かしらの理由で売却するという場合、その売却益によって税金の心配をする必要はないと考えて良いでしょう。

 

もし所有している車がレアなものだったり、アンティーク品など購入時よりも売却時のほうが高くなるようなケースなら別ですが、一般人にはあまり関係のない話とみれるでしょう。

 

確定申告はあまり気にせず査定額アップの努力をしよう

 

レア車でなければあまり確定申告の心配がないのであれば、まずは車をそもそも高値で売る事に集中するとよいでしょう。そのためのコツの一つは一括査定です。

 

つまり2社以上の業者に見積もりをしてもらうことです。それによって売りたい車に最高額をつけてくれる業者をじっくり探すのが大事です。よっぽど急いでいるわけでなければ、数日とか数週間くらいかけて業者の査定額を比べると良いでしょう。

 

業者ごとに愛車につける値段は違います。その車の自分たちの中での需要が各社異なるからです。といってもいちいちそれぞれの業者と連絡を取るのも大変でしょうから、「ズバット車買い取り比較」のようなまとめて査定依頼をできるサイトを利用すると楽です。

 

複数業者査定をするかどうかで数十万円差が出ることもしばしばです。少し面倒でも多くの業者を相手にするのは賢明です。

車の売却にも確定申告は必要なの!?

関連ページ

契約後に減額!?トラブルを避けるにはどうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。業者とのやりとりで契約後に減額などトラブルを避けるにはどうしたいいのでしょうか
車の売却でトラブル!どんな事例がある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では、車の売却でトラブルはあるのでしょうか?どんな事例があるかみていきます
車の売却に関して何に注意したらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。そんな車の売却に関して何に注意したらいいのでしょうか
車の売却を考えてたけど、キャンセルしたい・・それは可能!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。しかし車の売却を考えてたけどキャンセルしたい。キャンセルは可能なのでしょうか