車の売却を考えてたけど、キャンセルしたい・・それは可能!?

MENU

基本キャンセルはしないように心がけよう

 

 

車の売却をめぐるトラブルとして多いと言われているのが、キャンセル問題です。車を売る手続きにはいったものの、やはり思い直して売るのをやめるという人は少なくありません。

 

「長年乗った車なので愛着がでてきてしまい売れなくなった」とか「家族が反対するので売るのをやめにしたい」、「後になってより高い金額で買ってくれる人(業者)があらわれたのでキャンセルしたい」などその理由はいろいろかんがえられますが、いずれにしても可能であればキャンセルは極力避けたいことではあります。

 

買い取りをする業者としてみたら、欲しい車が売りに出された場合はそれを出来るだけ手に入れたいと考えます。そしてそれを次の購入者にバランスよく売ることで利益を出したいと思い、いろいろと試算するはずです。

 

出張査定などをして契約を取り、次のステップの準備をしているところにではキャンセルの連絡が来たらどうでしょうか。当然そこには試算の外れや無駄な労力が発生してしまいます。

 

ですから契約をしてからキャンセルというのは基本的に避けるべきことです。

 

キャンセルをめぐる解約料などの問題

 

とはいえやむを得ない理由などでキャンセルを余儀なくされるということもあるでしょう。そのような時は出来るだけ早くキャンセルの手続きをするのが大事です。そうすることで次の買い手が決まってしまってキャンセル不可能になるという事態を防げますし、買い取り業者にかける迷惑も最小限にできます。

 

ちなみに車の買い取りにはクーリングオフは適用されないことを覚えておきましょう。この制度は商品やサービスの購入者に保証されている制度であって、車買い取りの場合は自分は売り手側になるからです。キャンセルできるタイミングに関しては、それぞれの買い取り業者によって違いがある可能性があるので、契約書の要綱を流し読みするのではなくきちんと把握しておくのが大切です。

 

ではキャンセルする場合、解約料が発生する事はあるでしょうか?これはケースによります。もし渡した車がすでに遠い場所へ輸送されてしまっていたり、カーオークションのために準備段階に入っていたりすれば、キャンセル料を請求される可能性が出てきます。

 

ですからやはり契約解除したいなら早めの行動がベターです。とはいえもし要求されるキャンセル料があまりに高額、例えば10万円を超えるようになった場合は、消費者生活センターに問い合わせ相談などすると良いでしょう。

 

キャンセル料に不安があればJADRI加盟業者を選ぼう

 

 

キャンセルと、それに伴う解約料をめぐってはこれまでにたくさんのトラブルがあり、消費者生活センターにも苦情や相談が多く寄せられています。
 
業者によって違いがありましたが、数万〜10万ほどのキャンセル料が評者によって請求される事態が、契約の直後でも発生するという事例が多かったため大きな問題になりました。というわけで現在では、一般財団日本自動車流通研究会(JADRI)が発足し、買い取り業者の大手は契約直後のキャンセル料をなくすという合意にいたっています。

 

この制度によると、「契約書を交わした段階では損害は発生していないと見なされるのでキャンセル料は請求できない」こと、またオークションで車を売りにだす場合、「オークションの出品予約とした時、会場に車両が輸送された時、落札者が出た時のというおれぞれの段階で、平均的損害があると立証した場合は賠償請求ができる」こと、「平均的損害を超える賠償金は請求できない」ことなどが定められています。

 

簡単に言えば、キャンセル料を請求できるタイミングとできないタイミング、またできる場合のだいたいの解約料についておおまかなガイドラインが作成されたということです。

 

ガリバーやアップルなどの大手はこのJADRIに加入しています。もしキャンセルの可能性があるなど、解約料に不安要素があるのなら、JADRIに加入している業者にしぼって売却を進めると良いでしょう。

 

キャンセルを事前に防ぐために

 

売り手側がキャンセルしたいと思う大きな理由の1つはおそらく、契約してから車がもっと高値で売れることが分かったというような場合でしょう。売り手からすれば高い査定額を提示してくれる業者の登場はうれしいでしょうが、上記のように買い取り業者からすればありがたくない話です。

 

こうしたことを防ぐためには、最初から複数の業者に査定依頼をするのが大切です。「ズバット車買い取り」などの一括比較サイトを使えば、最大10社まで同時査定依頼ができます。そうすることで特定の業者と契約をする前に自分の車にベストバリューをつけてくれるところを見つけることができます。

 

数10万円も高く他社より見積もってくれたという実例もあります。こうしたサイトを賢く使って不必要なキャンセルを出さなければ、自分にとっても買い取り業者にとっても無駄な手間もお金も発生しないので、積極的に利用すると良いです。

 

車の売却を考えてたけど、キャンセルしたい・・それは可能!?

関連ページ

契約後に減額!?トラブルを避けるにはどうしたらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。業者とのやりとりで契約後に減額などトラブルを避けるにはどうしたいいのでしょうか
車の売却でトラブル!どんな事例がある?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。では、車の売却でトラブルはあるのでしょうか?どんな事例があるかみていきます
車の売却に関して何に注意したらいい?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。そんな車の売却に関して何に注意したらいいのでしょうか
車の売却にも確定申告は必要なの!?
どうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りいかない事が大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。また車の売却にも確定申告は必要な場合があります。