車買取情報徹底解説ナビ

MENU

 

車をすぐに売るのは損!

 

車を売りたい理由は人それぞれです。例えば「別の車を買いたいので今の車を売りたい!」とか「急に入用になったので車を売ってお金をつくりたい!」という人もいれば、「都内であまり車に乗らないので売ってしまいたい」「実家に車が数台あるけど使わない車を処分したい」という状況で売却を考えている人もいるでしょう。いずれにしてもどうせ売るなら車を少しでも高く売りたいものです。

 

でも自分の車はたいした価値がないから高くは売れないとか、最寄りの中古車業者に買い取ってもらおうと急いで売りに走らないのが大事です。なぜなら車の売却は業者にとってかなりの差が出ることがあるからです。ある業者に査定してもらって売ったけど、後になってその車はもっと平均売却価格が高かったことに気づくということもあるでしょう。
 
業者に頼んで査定してもらったことのある人なら経験したことがあるかもしれませんが、中古車査定の担当の中には、「この価格でいついつまでに決断してもらわないと価格が下がってしまう」といった言葉を言う人がいます。

 

実際にそうだとしても、こうした言葉を聞くとあせってしまって、即決してしまう事につながりかねません。ですから少しでも車の価値を高くするために、車の売却をあせらないことが大事です。むしろそういう時は車買い取りの比較サイトを使うとずっとお得になります。

 

比較サイトを使うとどうしていいのでしょうか?それについて解説する前に、まず「買い取り」について簡単に説明したいと思います。

 

 

 

「買い取り」と「下取り」って何が違うの?

 

車を売る手段はいろいろありますが、よく聞く方法の中に「買い取り」と「下取り」があります。何が違うの?と思うかもしれませんが、簡単に言えば買い取りは、車を買ってくれる業者と連絡をとって車を売り、その対価を受け取るということです。

 

「ガリバー」や「アップル」「カーセブン」「ラビット」などが有名ですが、こちらの場合はサードパーティのパーツ(社外品パーツ)の高い評価が受けやすく、査定額が一般的に高くなる傾向があります。

 

一方「下取り」ですが、こちらはふつう新しい車を買う時に、自動車販売店とかディーラーに手持ちの車を売却して、その売却分を新車価格から値引くという方法です。ですから現金をもらうのではなく、新車との相殺に使われるわけです。

 

この方法のメリットの一つは、あまり人気があると言えない車や少し古くなってしまった車でもそこそこの査定を期待できるというところです。また新車を納車してもらうタイミングで売る車を手放すということで、交通手段を確保しやすいという良さもあります。

 

ただ下取りは買い取りと比べると査定価格が低めになる傾向があります。これは下取りの場合、買い取りで起きるようなコンペ(競争)が存在しないためです。独占というわけではありませんが、他社のことを気にする必要がないわけですから、多少査定価格を下げてしまえるというわけです。

 

またもしディーラーでの下取りを考えている場合、同じメーカーの車でないとやはり査定価格の高さには期待がもてない場合があります。あくまで下取りは新車を購入してもらった見返りというかおまけくらいの気持ちで考えておいたほうがいいと言えます。

 

しかも担当者によっても査定価格が前後するともいわれているので注意が必要です。場合によっては単なる引きとりに終わる可能性もあります。ある程度の値段の平均価格帯を勉強したうえで下取り価格を提示してもらえればどのくらい損が出るのかも把握しやすいでしょう。

 

いずれにしても少しでも高く売るのが目的であれば、下取りではなく買い取りをしてもらうほうが賢明です。

 

車買取情報徹底解説ナビ|愛車の高価買取ランキング

 

車の買い取りをしてもらうなら、買い取り比較サイトを利用しよう!

 

 

ここまで説明してくると、おそらく多くの人が下取りではなく買い取りを希望するかもしれません。新車購入を視野に入れている場合は別として、少しでも高く売って別の中古車を買いたいとか、あるいは単純に現金が欲しいという人にとっては特にそうでしょう。

 

でも買い取りはどこの業者に頼んでも同じではないので注意が必要です。別に買い取り業者の間で、この車はこの値段で買いましょうという合意事項があるわけではありません。むしろ業者間では競争があります。そしてこの競争は車を売りたい人には好都合です。

 

魚の売買をしているセリをイメージすれば分かりやすいですが、競争があると高い値がつきやすくなります。ですから複数の業者で車の査定をしてもらうことが高く売るポイントなのです。でもたくさんの業者をまわって査定してもらうのは楽ではありません。

 

そんな時に役立つのが比較サイトです。比較サイトを使えばたくさんの業者に一気に査定してもらえるので便利なんです。では車の比較サイトの中で人気のサイトをまとめてみましょう。

 

ズバット車買取り比較の特徴

まずオススメしたいのは「ズバット車買い取り比較」というサイトです。
「比べる・選べる・決められる」をコンセプトに展開しているサイトですが、分かりやすいサイト構成と、比較できる業者の数の多さが魅力のサイトです。

評価 評価4.5
ズバット車買取り比較の総評

ガリバーやアップルやカーセブンなど多くの人が知っている車買い取り業者はもちろんのこと、2016年11月7日時点で、サイトに参加している業者は220社を数えています。この中から、自分の条件や住んでいるエリアに合わせて最大10社に査定依頼をすることが可能です。

査定依頼は無料ですし、ネットから手続きを始められるので手間も時間もあまりかからず便利です。1分ほどの所要時間でカンタン査定依頼ができます。このサイトの利用者は、平均で16万円も下取りより買い取りすることによって高く売却できたというデータが出ています。
 
また70%以上の利用者が5万円以上も査定価格の差を確認できたということです。5万円は大きな数字ですからやはり比較サイトを使うにこしたことはないです。

ちなみにいくつか大きな査定額差が大きかった例を言うと、日産のセレナの売却のケースでは、ある業者が86万円の査定額をつけたのに対して、別の業者は138万円の査定をしました。その差はなんと52万円でした。

これだけあれば買える中古車はたくさんあります。他にもダイハツの軽自動車タントの査定ではある業者が56万円なのに対し別の業者は84万円と28万円以上も高く価値を見積もってくれました。

別の例ではトヨタのヴォクシーが高い業者で250万円、安い業者で210万円の価格をつけました。その差は40万円です。

比較サイトを使うかどうかでかなりの差がうまれるのはこうした例を見ると明らかです。ちなみに「ズバット車買い取り比較」は、これまでに100万人以上の累計利用者数をほこるサイトなので、運営実績が高いのが魅力です。

また年中無休のカスタマーサポート体制をしいているので、よく分からないことがあれば相談できるのも良い点です(年末年始を除く)。通話料もフリーダイヤルなので無料ですから、依頼だけでなく質問も気軽にできるようになっています。

ちなみに今なら「秋の大感謝プレゼントキャンペーン」と題して、対象期間中にこのサイトを利用して売却をした人の中から、抽選で現金10万円や1万円があたるサービスを展開中です。

カーセンサーの特徴

別の比較サイトで有力なのが「カーセンサー」です。名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、車の購入だけでなく買い取りをしてもらうときにも役立ちます。
カーセンサーでも複数の業者から数社の見積もりを比較して最高額で売却できるようなサービスをしいています。

評価 評価4
カーセンサーの総評

車のメーカー、社名、車タイプ、事故歴の有無、郵便番号を入力することで、業者から電話やメールで連絡がくるので、査定額をじっくり比べて売却先を決めることができます。90秒ほどで申し込みが可能なのでだれでも気軽に利用が出来ます。

カーセンサーの良いところの一つは、その情報量です。車を査定する業者側にも買い取りやい車や、買い取りに良い時期というのがあります。

カーセンサーではどういうタイミングで車を買い取ってもらうのが売り手側にも都合がいいのかを簡単に説明していますし、必要書類についてや、店選びのポイントや査定時にどんなアピールをすればより効果的に高く売れるのかといったコラムも載せています。

また査定額をアップさせるための54のテクニックを伝授しているのもうれしいポイントです。エクステリア、インテリア、査定に有利な装備は何かなど、ちょっとしたエッセンスを加えるだけで査定額アップが期待できるので、これらの情報を参考にするとよりうれしい結果になるでしょう。

買い取り業者の比較だけでもそれなりの高価格での売却が期待できますが、プラスアルファでできるこうした工夫も素人にはよく分からなかったりするので、情報量の多さは大助かりです。

しかしカーセンサーではまだまだ色々な情報が発見できます。日別、週別、月別で車買い取り査定の申し込むランキングを発表してくれています。今どんな車が大量に売りに出されようとしているのかが細かく把握できるので良いです。

さらに事故者の買い取り業者も紹介しています。全体としては日本では価値がないとしても、海外市場ではまだまだ使えるかもしれない車や、パーツ取りのために機能する車もあります。

ですから事故者だからといって放置せずに、買い取りしてくれる業者をカーセンサーで見つければ、意外にお宝になるかもしれません。ガレージに眠っている車があれば、こうしたサービスを使っても良いでしょう。

ちなみにカーセンサーでは、各メーカーの会社情報や車の特徴、そして車ごとの査定情報なども詳細にのせています。自分の車が現在平均でどんな値段で売られているのかなどを確認できるので便利です。

カービューの特徴

最後にもう一つ車買い取り比較サイトをご紹介します。それは「カービュー」です。
こちらもわりと有名な車情報サイトですが、カーセンサーと同様に買い取り情報も比較できるようになっています。カービューの特徴をいくつかあげてみます。

評価 評価3.5
カービューの総評

まずカービューに参加している買い取り査定業者の数ですが、2015年の時点でのデータ―ですが212社になっています。この中から最大8社に査定依頼が可能です。

45秒ほどの簡単入力で車の高価買取への道が開けるので利用価値は高いです。扱っている査定会社はガリバーやカーチス、カーセブン、T−UP、アップル、ラビットといった有名店はもちろんのこと、地域密着専門店もあるので、最寄りでも買い取り業者が見つけやすく便利です。

ちなみにカービューの利用者は400万人以上います。利用者人数が多い所には当然車買い取り業者もたくさん集まって狙いをつけているはずですので、「思ったよりも高く売れる」なんてことも十分可能性ありです。

買い取り実績の例をいくつかあげてみると、まず人気のトヨタ・プリウスですが、ある男性は7社に査定を申し込んだところ、査定額が低かったところと比べて20万円も高く車が売れたとのことでした。

この男性の場合もそうでしたが、どこの業者に売りに出すのがベストなのかよく分からないというひともいて、カービューのような比較サイトを使わないとけっこう損をしてしまうこともあるでしょう。20万円も余計に高く売れれば、別の車を購入した時にカーナビやエアロパーツなどをつける資金にも回せますから、比較サイトを使わない手はありません。

別の例では、スバル・インプレッサのS202という少しマイナーな車を売った男性が、スポーツカーを専門に扱っている業者に査定してもらったところ、結果的に17万円も高く査定しもらえたということでした。

前述のプリウスとかカローラ、フィットのような大量に出回っている車でなくても、カービューを使えば自分に都合のよい業者を見つけやすいので、適当に業者を選んで二束三文で売ってしまうことを避けられます。

カービューではまた、初めて車を売却するという人のために、初心者ガイドを用意しています。教えてもらわなければなかなか知ることのできない売却のお得情報を教えてくれるので、有利な売却を進めることが可能です。

ちなみにカービューは大手通信サービスのYahoo! JAPANの運営なので、情報量の多さに期待が持てるのもメリットです。

車買取情報徹底解説ナビ|愛車の高価買取ランキング